検索

後藤正文

正直、アジアンカンフージェネレーションも後藤正文も好きじゃない。 頭使いすぎな音楽な気がして。 でもこれを見ると、さすがに悪口も言えなくなる。

Radiohead

Radioheadのことを「小難しいバンド」くらいにしか思えない人は、このインタビューを見たらいい。 日本に1組でもこんなバンドがいたらと思う。

Taylor Swift - Gorgeous

相変わらずの歌詞のキレ味。 彼氏がいても他の男に夢中になる女の子、って題材がいい。 西野カナもこれくらいぶっ飛んだ歌詞書いてくれないかな。 #TaylorSwift #Gorgeous

Bullsxxt - Stakes

何これ。スゲーいい。 80年代っぽいクールなトラック(生バンド!)に熱いラップ。 気持ちいい。 #Bullsxxt

SALU「Sweet and GoodMemories」

新世代の代表とかじゃなくて、もう別格だと思う。 「よく挨拶代わりにしたフリースタイル/何もないのに主語「とりあえず」」とか、泣くなぁ。 #SALU

唾奇『Let me』

松ちゃんに浜ちゃん。カレーに福神漬け。唾奇にSweet William。 今このコンビに逆らえる人いるんでしょうか? #唾奇 #Sweet William

Yogee New Waves『SAYONARAMATA』

昔、曽我部恵一が「もしかしたらスゴいことになる」的なことを言っていたけど、本当にそうなりましたね。 ブルーなまま踊り続ける感じが好きです。 #YogeeNewWaves

SALU『CATTY』

ただの自分自慢なライムなのに、最高の瞬間もいつかは終わるって知ってる白昼夢みたいなトラックのせいで、嫌な感じは皆無。 ただ楽しいのに切ない。 SALU、好きです。 #SALU

シャムキャッツ「すてねこ」

今更だけどいい曲だなぁ。 傷ついても傷つけてもうまくいかなくても、1人でいるより2人でいようという曲。 ケンカの多いカップルとか聞いたらいいんじゃないでしょうか? #シャムキャッツ #すてねこ

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle

Please Forrow Me.